Kindle出版で影響力を身につける方法

Kindleで影響力を身につける方法

あなたは今、Kindle(キンドル)出版が流行っているのをご存知ですか?

 

Kindleとは、アマゾンが提供している電子書籍サービスです。スマホ・タブレット・パソコンなどで閲覧できます。でも、本を出版するなんてハードルが高いと思いますよね?

 

じつは、Kindle本はアマゾンのアカウントを持っていれば、誰でも出版ができるのです。

 

ぼくは、『Webエンジニアがやさしく教える WordPress入門書【ブログ編】という本を出版し、【コンピュータ・IT売れ筋ランキング】で1位を獲得しました!

こちらが僕の出版した書籍です

 

↓ ランキング1位を獲得した画像がこちら ↓

画像1

 

また、インフルエンサーから、ぼくのランクインに対してお声をいただいてます。

 

↓ YouTuber イケハヤさんのツイート ↓

 

↓ ポッドキャスター しゅうへいさんのツイート ↓

 

音声特典

今回は、特別に音声メディアのstand.fmで、非公開の音声特典を無料でお聴きいただけます!

Kindleで1位にランクインするための3つのコツ

 

Kindle出版がもたらす思わぬ効果とは?

 

この記事では、ぼくがKindleを出版一日目で、『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』の1位を獲得した方法を記載しています。

Kindleランキング1位になるまでにやった7つのこと

 

ランキングのリサーチ

まずは、アマゾンの売れ筋ランキングで、どのようなKindle本が売れているのかリサーチをします。

 

  • どんな本が好まれるのか?
  • 気になるタイトルはどれか?
  • どんな表紙カバーが目を惹くのか?

 

読者のニーズに合致した内容を掘り起こす必要があります。

ニッチなカテゴリーを見つけ出す

リサーチを行った後は、ニッチなカテゴリーを探し、ネタを見つけましょう。

 

イケハヤさんの様な超有名なインフルエンサーであれば、総合ランキングで1位を獲得できるかもしれません。しかし、ぼく達の様な凡人は強豪相手に勝ち上がることは難しい。

 

ですから、自分の得意分野でニッチなカテゴリーがないか調査します。

 

ぼくの場合はWordPress(ワードプレス)の入門書を出版しました。ワードプレスと呼ばれるWebサイト構築のサービスを使って、ブログを立ち上げる入門書を出版してランキング1位になりました。

 

タイトルと目次の選定

カテゴリーを選定したあとは、タイトルと目次を考えます。タイトルは読者が商品を購入するにあたり重要な部分なため、リサーチした内容を元に決めましょう!

 

たとえば、ぼくの書籍はこの様なタイトルをつけました。

Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【ブログ編】

 

初心者向けの書籍であったため、『入門書』と『やさしく教える』、そして権威性を与えるために『Webエンジニア』というワードを入れました。

タイトルが決まれば、あとは目次の選定です。目次は、ブログでたとえると、見出しと同じ役割りです。読者に分かりやすい見出しをつけましょう。

 

表紙のデザインを外注依頼

Kindleの表紙は読者が、はじめに目を惹く重要な部分です。出版して間もない状態でレビューがなければ、読者は表紙で購入すると言っても過言ではありません。

 

ですから、表紙のデザインは重要視しましょう!タイトルと目次が決まったら、その内容を元に表紙のデザインをします。自分でデザインできる方であれば良いのですが、大抵の人はデザインはできないはずです。

 

ぼくの場合は、普段からアイコンやYouTubeのサムネイルを制作してくれているデザイナーさんに依頼しました。

ダーマンさんのTwitterはこちらです

 

知り合いにデザイナーがいなければ、『ココナラ』などのWebサービスで外注依頼してもよいでしょう。

『ココナラ』はこちらからどうぞ

 

無料セールを実施する

表紙のデザインと書籍が完成すれば、いよいよ出版です!Kindle本を出版した後にまず行うべきことは無料キャンペーンです。

「無料にしたら、収入が入らないじゃないか!」
と思いましたか?

 

そもそも、Kindleの収益自体は大きな金額ではありません。Kindle出版で狙うべきは『Kindleでランクインしたという肩書き』なのです。

 

ぼくの場合は、無料セールをした当日にランキング1位を獲得しました。その際、周囲の評価が大きく変わったのを感じました。

 

「Kindleでランキング1位になるなんてスゴい!」

「じつはスゴい人だったんですね!」

「出版祝いをさせてください!」

 

このようにぼくの周辺では、大きな反響がありました。ですから、無料で出版してランキング上位を目指しましょう。

 

ツイッターや音声コンテンツで発信

『表紙のデザインもバッチリだし、無料出版したからランクイン間違いなしだね!』

 

・・・なんて思っていたら大間違いです!

 

残念ながら、キンドル本は勝手に売れるほど甘くはありません。出版した後は、必ずSNSで宣伝しましょう!

ぼくの場合はTwitterで書籍の宣伝をし、イケハヤさんやしゅうへいさんの様なインフルエンサーからリプライをいただくラッキーな出来事がありました。そのためには普段から、インフルエンサーに絡める様な発信をする必要がありますね。

 

コンサル体験者のレビュー

コンサルについて、体験者からお声をいただいてます。

↓ レンタルスペース運営のみつさんから ↓

 

↓ 理学療法士のコツケンさんから ↓

 

↓ 子ども哲学先生のみきさんから ↓

ランキング上位の再現性

ぼくがコンサルをさせていただいた受講生が次々にランクインしています!

 

↓ 『妊娠・出産・子育て』の無料部門でランキング4位のHSPナースこむたろさん ↓

 

 

↓ 『家庭医学・健康』の無料部門でランキング1位のコツケンさん ↓

 

↓『工学、建築、不動産』の3部門で1位を達成! 一級建築士のKoichi Tezukaさん↓

 

↓『起業・開業、産業研究、社会学』の3部門で1位を達成!YouTuberとまたろうさん↓


この様にタイトルとカテゴリーをしっかりと選定すれば、ランキング上位を狙える可能性があります。

 

まとめ

Kindle出版する前にまずはアマゾンのランキングリサーチをしてください。リサーチから傾向と対策を検証し、なるべくニッチなカテゴリーを選定します。

 

タイトルと目次が完成すれば、表紙を外注依頼。あとは書籍を作成して、無料セールとSNSでの発信を心がけましょう。これで、あなたも立派なKindle作家としてデビューできますよ!

 

 

それでは、また!