文章のきほん

【Kindle初心者必見】文章がカンタンに書ける5つのコツとは?

文章がカンタンに書ける5つのコツ
キンドル君
キンドル君
「電子書籍を出版したいけど、文章を書くのが苦手なんだよなぁ〜」

 

アマゾンのKindle(キンドル)は、手軽に電子書籍を出版できるサービスです。しかし、文章を書くのが苦手な方は、出版自体を諦めてしまっているのではないでしょうか?

 

今回は、初心者でも文章がカンタンに書ける『5つのコツ』を教えます。

ぼくはWebコピーライター歴3年、Kindleの『コンピューター・IT売れ筋ランキング』で1位になりました。その経験を活かして、初心者にも分かりやすい文章の書き方を教えます。

 

まずは結論を書く!

前フリがダラダラと長い文章は、読者に伝わりません。そのため、読まれない文章になってしまいます。そこで、まずは最初に結論を書きましょう!

 

そのため、PREP法を使ってみましょう!PREP法とは、文章構成のフォーマットで、下記の頭文字を表しています。

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(事例)
  • P=Point(結論を繰り返す)

 

PREP法は、ブログやビジネス文書などにもよく使われるテクニックです。相手に簡潔で、分かりやすく伝わるため重宝されています。

P=Point(結論)・・・最初に結論を書く。
R=Reason(理由)・・・結論に至った理由を説明。「なぜなら」を使うと、より伝わりやすい
E=Example(事例)・・・事例や具体例を用いる。「例えば」を使うと分かりやすい。
P=Point(結論を繰り返す)・・・最初に書いた結論をもう一度書く。「まとめ」として要点を伝える。

 

『結論→理由→例→結論』の順番を意識するだけで、おどろくほど相手に伝わりやすくなりますよ。

「こと」、「なか」禁止!具体的にあらわす

こと」、「なか」というのは、文章でよく使いがちな言葉ですよね?しかし、抽象的な表現のため、より具体的な文章に修正が必要です。

 

例題

彼は上司から嫌いなことには手を抜こうとすると見られている。

例題の文章について、『彼』は何が嫌いなのか、ハッキリと分かりませんよね?そのため、より具体的表現に変えてみましょう!

 

具体的な表現

彼は上司から嫌いな仕事には手を抜こうとすると見られている。

いかがですか?彼が嫌いなのは、仕事だと明確化されましたよね?

 

例題

多くの店舗が競争するなかでA社は客に最も支持されている。

上記の例題では『多くの店舗』が、どんな競争市場で支持されているのか分かりません。

 

具体的な表現

多くの店舗が競争する居酒屋の市場でA社は客に最も支持されている。

上記の表現では、居酒屋の市場という具体的な表現を用いたことで、競争している業界が明確化しました。

 

こと」や「なか」などの抽象的なワードを使わず、より具体的な表現に変えれば、読者に伝わりやすい文章になります。

句読点や接続詞を効果的につかう

句読点や接続詞が多すぎると、文章は読みにくくなります。余計な句読点や接続詞を省いて、シンプルに読みやすくしましょう。

 

例文(Before)

ところで、毎日が、仕事と家の往復で、出会いのなかったぼくですが、婚活サイト◯◯を1ヶ月お試しでつかったところ、なんと、5年ぶりに、彼女ができました!

また、お互いの実家にも行き合う関係で結婚も間近です。

 

 

例文(Before)は、句読点が非常に多くて読みづらくないですか?また、接続詞を入れているため、1つの文章が長すぎます。

 

例文(After)

毎日が仕事と家の往復で、出会いのなかったぼくですが、婚活サイト◯◯を1ヶ月お試しで利用してみました。

なんと、5年ぶりに彼女ができました!

また、お互いの実家にも行き合う関係で結婚も間近です。

 

 

例文(After)は句読点を減らし、文体をスッキリさせています。
また、接続詞の「ところで」などを省略し、1つの文章を短くしました。

 

ユーザー目線で文章を書こう

自分中心の視点で文章を書くと、独りよがりな本になってしまいます。そのため、読者の心に伝わりません。キンドル出版する際は、読者目線に立った情報を記載しましょう。

 

例文(Before)

私は毎月、ライティングセミナーを開催しています。
メルマガで告知させていただきますので、ご興味ある方はぜひ、
ご参加くださいませ!

 

例文(Before)は『メルマガで告知』と記載しているため、今すぐ知りたい読者にとっては面倒くさく感じます。そのため、書き手目線の文章だと言えます。

 

例文(After)

私は毎月、ライティングセミナーを開いています。
毎週土曜日の19時から、〇〇会館にてセミナーを開催予定です。
ご興味ある方はぜひ、ご参加くださいませ!

 

例文(After)は、日時・場所の情報を記載しました。わざわざメルマガ登録しなくても、すぐに情報を知れるため、ユーザーに優しい告知ですね。

 

漢字は『ひらく』?むずかしい漢字は書くな!

漢字を『ひらく』とは、難しい漢字を誰でも読める『ひらがな』に変換するという意味です。漢字をひらく理由は、難しい漢字を書くと、読者に読んでもらえない可能性が上がるからです。

 

たとえば、『貴方』・『予め』・『敢えて』といった漢字は、人によっては読めない場合があります。ですから、読みやすくするため『あなた』・『あらかじめ』・『あえて』という感じでひらがなに変換しましょう。

 

また、ひらがなをカタカナに変換するのも有効な手段のひとつです。

 

たとえば、『おすすめ』・『かんたん』・『きつい』を『オススメ』・『カンタン』・『キツイ』などと言った様に変換すると読みやすくなります。

 

まとめ

今回は、文章で重要な5つのポイントを紹介しました。

 

PREP法で結論→理由→例→結論の順番を意識し、短く要点のまとまった文章にします。「こと」や「なか」などの抽象的な表現を使わず、より具体的な表現に変えます。

また、句読点や接続詞が多すぎると、文章は読みにくくなります。余計な句読点や接続詞を省いて、シンプルにスッキリさせましょう!

 

あとは読者目線で必要な情報を記載し、読みにくい漢字を省いて視認性を上げましょう。これであなたも文章能力が上達しますよ!

 

それでは、また!

ABOUT ME
すぎにい
すぎにい
「せっかくの人生ですし、あなたの電子書籍を一冊作ってみませんか?」 僕は、Kindleの『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』で1位を獲得した実績を持っています。 Kindle本の出版方法やマネタイズの仕方について、ブログやラジオで教えています。