Kindleの出版方法

【キンドル本の価格設定】本が売れなくても収益を得る方法

キンドル本で収益を得る方法

キンドル君
キンドル君
「キンドル本って、いくらで売ったらいいの?」

AmazonのKindle(キンドル)は、手軽に電子書籍の出版ができるサービスです。しかし、いくらで売ったらいいか迷いませんか?

 

今回は、キンドルの価格設定について説明します。また、KDPセレクトに登録するのをオススメします。KDPセレクトに登録すれば、電子書籍のロイヤリティ以外にも収益を得れます。

KDPセレクトとは?

KDPセレクトとは、キンドルが提供するプログラムです。キンドル作家が多くの読者を獲得し、収入を増やすために作られたサービスです。

 

KU(Kindle Unlimited)プログラムとも呼ばれており、登録すれば70%のロイヤリティが受け取れます。ただし、ブラジル、日本、インドおよびメキシコの読者が対象です。日本は対象なので安心ですね。

 

また、KUに登録すると、『KEMP』と呼ばれる分配金を受け取る権利があります。『KEMP』はKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)で既読されたページ数によって収益が発生します。

Kindle Unlimitedとは、月額980円で電子書籍が読み放題のサービスです。つまり、読者は980円を支払えば無料で本が読めるのです。

 

キンドルのロイヤリティと価格設定について

キンドルの価格設定については、KUに登録あり・なしで販売価格が変化します。ロイヤリティとそれぞれのメリット・デメリットについて、比較表を作成したのでご覧ください。

KUに登録あり KUに登録なし
ロイヤリティ35% 価格は99円~20000円で設定 価格は99円~20000円で設定
ロイヤリティ70% 価格は250円~1250円で設定 ×
メリット ・ロイヤリティが最大70%
・無料キャンペーンができる
・KEMPによる既読ページで収益をもらえる。
・他の電子書籍でも販売が可能
デメリット 独占契約のため、他の電子書籍で販売ができない。 ・KEMPによる収益がもらえない

 

上記の様にKUに登録した方がメリットは大きいのが特徴です。ただし、KUは『独占契約』が条件のため、他の電子書籍でも出版したい方は注意が必要になります。

 

また、日本とその他のマーケットプレイス(海外)では価格設定に『ひらき』があります。

たとえば、日本の『Amazon.co.jp』で35%のロイヤリティを選択した場合、『\99~\20000』の間で料金を設定できます。一方、アメリカの『Amazon.com』で販売する場合は、『$1.99~$200.00』の間に料金を設定します。

35%のロイヤリティ

 

また、70%のロイヤリティの場合、日本は同じですが、『Amazon.com』で販売する場合は、『$2.99~$9.99』にしなくてはいけません。

70%のロイヤリティ

この様に海外の読者をターゲットにしている方は、ロイヤリティのプランに対して注意が必要です。

 

低価格で販売してKEMPの収益を狙う

価格設定についてですが、なるべく金額を上げて印税収入を上げたいですよね?その気持ちはすごく分かります(笑)ですが、ここは料金を安くして、多くの人に読んでもらうのを優先しましょう!

なぜなら、『販売』で収益を上げるよりも、『KEMPによる既読ページ』で収益を上げる方が効率は良いからです。

基本的に1KEMP=1ページという単位で表します。KEMPは、そのときによって価格は上下しますが、おおよそ1KEMP=0.5円が相場となります。

 

ぼくの場合、今まで2冊の本を出版しています。

1冊目の『最強の自由 フリーランス1年目の超入門術』は100円、
2冊目の『Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【ブログ編】』は500円で販売しています。

 

下記の画像は、2020年11月の売り上げです。KDP公式のロイヤリティ見積もりとなります。

2020年11月 ロイヤリティの見積もり

販売ロイヤリティが2冊合わせて2958円。それに対して、KEMPによる収益は18374円です。KEMPによる収益の方が、販売ロイヤリティの約6倍となっています。

 

ただし、KEMP収益で気をつける点があります。グラフ内のオレンジ色が1冊目の本、水色が2冊目の本になります。1冊目の本はページ数がかなり少ないため、KEMP収益も大幅に減ってしまいました。

そのため、収益にかなり差がついてしまったのです。キンドルで出版する際はページ数をなるべく増やして、中身の濃い本にしましょう。そうすれば、読者が何度も読み返して、KEMP数を稼げるからです。

まとめ

キンドル本を出版するなら、KDPセレクトに登録してKUプログラムのメリットを活かしましょう!たとえ、販売価格が低価格でも、KEMPを利用して収益は上げれます。

また、自分でKindle Unlimitedに加入しておくのもオススメです。なぜなら、様々なキンドルを読めるので、ライバルのリサーチに使えるからです。30日間は無料体験つきなので気に入らなければ解約してもオッケーです。

『Kindle Unlimited』に無料登録はこちらです

 

まずは100円でも良いから、あなだだけのキンドル本を出版しましょう!

 

それでは、また!

ABOUT ME
すぎにい
すぎにい
「せっかくの人生ですし、あなたの電子書籍を一冊作ってみませんか?」 僕は、Kindleの『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』で1位を獲得した実績を持っています。 Kindle本の出版方法やマネタイズの仕方について、ブログやラジオで教えています。