Kindleの出版方法

【Kindleで自費出版】初心者でも簡単にできる4つのステップ

自費出版のやり方

キンドル君
キンドル君
「電子書籍で自費出版したいけど、やり方が分からない!」

 

 

本の出版って、ハードルが高く感じますよね?

じつはAmazon(アマゾン)のサービスであるKindle(キンドル)なら、

自分で電子書籍を出版できます。

 

じつはKindle出版って、ブログよりもカンタンなんですよ。

今回はKindleの出版方法について説明します。

4つのステップ通りにやれば、初心者でもできますよ。

 

KDPに登録する

Kindle出版するためには、KDPに登録する必要があります。

KDPとは、Kindle Direct Publishingの略で、

Kindleで電子書籍を配信するためのサービスです。

 

Amazonのアカウントを持っている人は、

KDPにアカウントを紐付けします。

アカウントを持っていない人は新しく作成して下さい。

KDPの登録についてはこちらの記事をご覧ください

原稿はWordでカンタンに出稿できる

Kindle出版するためには、原稿をアップロードする必要があります。

KDPでは、さまざまなデータ形式に対応しています。

 

doc/docx

HTML

Mobi

ePub

 

この中で、もっともポピュラーなデータ形式が『doc/docx』です。

『doc/docx』に対応している代表的なソフトがWordです。

Wordであれば、ほとんどの人が使ったことがありますよね?

 

ちなみに私もWordで原稿をアップロードしました。

もし、パソコンにWordをインストールしていない方は代替ソフトでも可能です。

たとえば、Macユーザーの方はPagesというワープロソフトでも問題ありません。

 

Kindleの出稿はWordで出来るから、特別なソフトは必要ありません、

ですから、誰でも手軽に出版できるのです。

 

表紙のデザインを外注依頼

Kindleの表紙は読者が、はじめに目を惹く重要な部分です。

読者は表紙で購入すると言っても過言ではありません。

ですから、表紙のデザインは重要視しましょう!

 

 

デザイナーの方であれば、自分で制作できますが、

そうでなければ、表紙は外注にお願いしましょう。

 

私の場合は、普段からTwitterのアイコンやYouTubeのサムネイルを制作してくれているデザイナーさんに依頼しました。

 

 

知り合いにデザイナーがいなければ、『ココナラ』などのWebサービスで外注依頼してもよいでしょう。

『ココナラ』はこちらからどうぞ

 

電子書籍の出版。詳細情報と価格の設定

原稿を書き上げたら、いよいよ電子書籍の出版です。

まずは『タイトルの新規作成』より、

Kindle本のタイトル、著者名、内容紹介など詳細情報を入力します。

 

 

そして、書籍と表紙のデータをアップロードします。

それから、オンラインプレビューアーを起動して、表示内容の確認を行います。

 

プレビューアーは、Kindle端末・タブレット・スマホなどの表示イメージを

カンタンに確認できるサービスです。

出版前にプレビューアーで、文章の表示でおかしな部分がないかチェックしておきましょう!

 

あとは、Kindle本の価格設定を行い、

【Kindle本を出版】というボタンをクリックすれば、

電子書籍の完成です。

 

 

ただし、Kindle本を出版してから、Amazonで審査が行われます。

実際にKindle本が出版されるまでは最大72時間かかることがあります。

審査が通れば、Amazonからメール通知がきます。

 

すぐに販売できるわけではないので、注意して下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

まずは、KDPにアカウント登録し、Wordで原稿を作成します。

表紙デザインを外注依頼して、電子書籍の詳細情報を入力すれば、

Kindle本の完成です。

 

特別なソフトも必要ないし、サーバー設定などもありません。

ですから、ブログよりもカンタンにKindle本は出版できます。

せっかくの人生ですし、あなたも電子書籍を一冊作ってみませんか?

 

 

それでは、また!

ABOUT ME
すぎにい
すぎにい
「せっかくの人生ですし、あなたの電子書籍を一冊作ってみませんか?」 僕は、Kindleの『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』で1位を獲得した実績を持っています。 Kindle本の出版方法やマネタイズの仕方について、ブログやラジオで教えています。