Kindleの出版方法

【Kindle本の出版】アカウント作成と源泉徴収税について解説

キンドルのアカウント作成

キンドル君
キンドル君
「Kindle本を出版したいけど、アカウントってどうやって作るの?」

 

今回は、Kindleのアカウント作成について解説します。Kindle本はアマゾンのアカウントがあればカンタンにできます。ただ、アマゾンはアメリカの企業であるため、税金に関する入力が少し複雑です。

 

この記事では、Kindleのアカウント作成と日本国籍であることを証明する方法について説明します。

 

動画で確認したい方はこちらです。

 

KDPの公式サイトを開く

Kindle出版するためには、KDPに登録する必要があります。KDPとは、Kindle Direct Publishingの略で、Kindleで電子書籍を配信するためのサービスです。

 

 

画面右側にサインインとサインアップの項目があります。普段からアマゾンで買い物をしている方は、アマゾンのアカウントでログインが可能です。アカウントをすでに持っている方はサインインを選択します。

 

アマゾンのアカウントを持っていない方はサインアップを選択して、新しいアカウントを作成します。下記のKDP公式サイトから、アカウントを作成してください。

KDPの公式サイトはこちらです

アカウント作成

 

【アマゾンのアカウント有り】

登録したEメールとパスワードを入力し、サインインをクリックします。ぼくの場合、【ログインしたままにする】にチェックを入れています。

アカウント有り

 

アマゾンのアカウントがない場合はサインアップを選択し、【KDPアカウントを作成する】をクリックします。名前とEメールとパスワードを入力、そしてもう一度パスワードを入力すればアカウントが作成できます。

アカウント無し

 

著者情報を入力する

アカウントが作成できたら、著者情報を入力します。画面右上の『アカウント』をクリックします。

アカウント

 

『著者/出版社情報』には、あなたの国籍・氏名・郵便番号・住所・電話番号を記載します。

著者/出版社情報

 

つぎに支払いの受け取り方法を選択します。通常は、銀行口座を入力します。ただし、選択できる銀行口座は、少ないため注意が必要です。ぼくの場合は、ジャパンネット銀行にしました。

銀行口座の情報

銀行口座を入力した後は、【税に関する情報を表示/提出】をクリックします。

税に関する情報

 

Kindle出版で源泉徴収税率の軽減を受けるには?

つぎに税金に関する情報の入力を行います。ここで注意するべきは、アメリカで販売する電子書籍には、30%の税金がかけられる点です。しかし、日本で電子書籍を販売した場合、アメリカの税金は適用されません。

ただし、日本国籍であることを証明するために納税者番号(TIN)が必要となります。TINとは、日本でいうところのマイナンバーにあたります。まずは、税金ダッシュボード画面で【インタビューを実行】をクリックします。

インタビューを実行

 

つぎは、税務情報に関するインタビューの入力です。ぼくの場合は、フリーランスだから【個人】、日本国籍なので【いいえ】、著者本人なので【いいえ】を選択しました。

税務情報に関するインタビュー

 

つぎは身元情報の入力です。氏名・国籍・住所を記載し、日本国籍であれば『私は米国以外のTINを持っています』にチェックを入れます。そして、TIN値にあなたのマイナンバーを入力して、【続ける】をクリックします。

税務上の身元情報

日本国籍であれば、租税上の居住地を【日本】と選択。

租税上の居住地

 

記載された内容をしっかりと確認して、同意するのであればチェックを入れてローマ字で署名を行います。

署名

保存してプレビューをクリックすれば、英語で記載された納税申告フォームが表示されます。申告フォームに問題がなければ、【フォームを送信】すると税金に関する情報入力は完了です。

納税申告フォーム

 

まとめ

Kindle本の出版はアマゾンのアカウントがあればカンタンにできます。

 

アメリカで販売する電子書籍には、30%の税金がかけられます。アメリカの税率を回避し、日本国籍であることを証明するために税務情報に関するインタビューでは、マイナンバーを入力しましょう!

 

アカウントの登録が済めば、あとは原稿を書くだけです。Kindle作家デビューまで、もう少しなのでがんばりましょう!

 

 

それでは、また!

ABOUT ME
すぎにい
すぎにい
「せっかくの人生ですし、あなたの電子書籍を一冊作ってみませんか?」 僕は、Kindleの『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』で1位を獲得した実績を持っています。 Kindle本の出版方法やマネタイズの仕方について、ブログやラジオで教えています。