文章のきほん

読書は本を読まなくてもいい?時間がないビジネスマンのインプット術

忙しいビジネスマンのインプット術

『読書をしたいけど、忙しくてできないよ!』

 

現代人は忙しい日々に追われて、読書する時間がありません。しかし、Kindle本を出版するためには、本を読んで情報収集する必要があります。

 

そこで、今回は読書の時間が取れないあなたのために、耳学で読書できる方法を教えます。

社会人は月に1冊も読書していない

2018年に楽天ブックスが実施した読書量調査によると、約6割のビジネスパーソンが月一冊も本を読んでいません。

また、年間の読書量が6冊未満の人は42.1%もいます。

2018年読書量

※画像は楽天ブックスより引用

 

上記の統計から「みんな読書はしたくないんだな」と感じます。しかし、楽天ブックスの別調査では、32.1%の人が『読書をしたい』と思っています。

2019年の抱負・目標

※画像は楽天ブックスより引用

 

2つの調査から検証すると「読書をしたいけど余裕がない」とか「読書が苦手だから出来ない」などの理由が考えられます。

 

読書と年収は比例する?

じつは、「Business Management Degree」によると、読書と年収が正比例するという統計調査があります。

ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪を含む富裕層と年収3万ドル(約300万円前後)以下の層については、

・88%が1日30分以上ビジネス書などを読む
(「年収300万以下層」は2%)
・86%が読書家である
(「年収300万以下層」は26%)
・63%が移動時間に
オーディオブックを聴いている
(「年収300万以下層」は5%)

参考記事:読書と年収は比例する

 

上記の記事から、年収を上げたい人は読書する必要があるのが分かりますね?また、このような記事もあります。

 

20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むのだと言います。その差は約38倍ですが、アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

参考記事:ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍

 

つまり、1ヶ月に一冊以上の本を読むだけで、一般的なビジネスパーソンの読書量を上回るのです。

 

読書の時間がないなら耳学する

オーディブル

本を読む時間がないからと言って、あきらめる必要はありません。最近では、オーディブルという便利なサービスがあります。

 

オーディブルはAmazonが提供しているサービスで、『聴く読書』とも呼ばれています。プロのナレーターが本を読んでくれるから、通勤中や家事をしているときに『ながら聴き』ができます。

ですから、忙しい時間の合間に読書ができるため、インプットをあきらめる必要はないのです。

 

オーディブルは30日間の無料体験できるから、気に入らなければ解約すればオッケーです。しかも、無料体験が終わって解約しても、購入した本はそのまま読めます。ですから、登録しても損はまったくありません。

 

解約方法もカンタンです。PCサイトから、『アカウントサービス』→『退会手続きへ』→退会理由を選択して最後に『退会』ボタンを押せば完了です。

Amazonオーディブルを30日間無料体験する

 

まとめ

現代人は忙しい日々に追われて、読書する時間がありません。しかし、Kindle本を出版するためには、本を読んで情報収集する必要があります。

 

今回は、忙しいビジネスマンのために、オーディブルで読書する方法について紹介しました。オーディブルで『ながら聴き』すれば、大切な時間を有意義に使えます。

 

また、社会人は月に1冊も読書できていないため、オーディブルを1冊聴くだけ他のビジネスマンと差別化をはかれます。オーディブルでインプットして、Kindle本でアウトプットすれば、学習と収益化ができるので一石二鳥ですね!

Amazonオーディブルを30日間無料体験する

 

それでは、また!

ABOUT ME
すぎにい
すぎにい
「せっかくの人生ですし、あなたの電子書籍を一冊作ってみませんか?」 僕は、Kindleの『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』で1位を獲得した実績を持っています。 Kindle本の出版方法やマネタイズの仕方について、ブログやラジオで教えています。