Kindleの出版方法

【Kindle出版の準備】表紙の作成はプロのデザイナーに任せよう

表紙作成
キンドル君
キンドル君
「Kindle本の表紙を作りたいけど、誰に依頼したらいいか分からない!」

 

Kindle本を出版する際、表紙は売れるために重要な要素です。しかし、デザインのスキルがなければ、自分で売れる表紙を作るのは難しい。

そこで、表紙の基本的なサイズを知って、プロのデザイナーに依頼しましょう!

kindle表紙の理想的なサイズ

まず、KDPでは2種類のファイル形式に対応しています。JPEGもしくはTIFFという形式なのですが、TIFFって聞いたことがないですよね?KDP側も、問題の発生しにくいJPEG形式を推奨しています。ですから、JPEG形式でファイルを作成してください。

 

そして、Kindle本の理想的な比率は『1.6:1』です。ピクセル表記にすると、縦2560px ✕ 横1600pxが理想的な大きさとなります。

 

また、最小寸法は1000px x 625px以上・最大寸法は10,000px x 10,000px・容量は50MB未満という規定があるため注意してください。

 

表紙の役割について

Kindleの表紙は、読者が最初に目を向ける重要な部分です。読者は表紙で購入すると言っても過言ではありません。そのため、表紙は必ず外注に依頼してください。表紙を外注化する理由は、ド素人が表紙を作成しても上手くできないからです。しかも、インフルエンサーでもない方が出版しても注目されるのは難しい。

 

ぼくもKindle本の表紙を外注化しました。そのおかげで、『コンピューター・IT売れ筋ランキング』の1位を獲得しました。ぼくの知り合いにも意見を聞きましたが、『表紙が気になったから』という理由でした。

 

ぼくがランキング1位を獲得したキンドル本の表紙がこちらです↓

Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【ブログ編】

ですから、表紙のデザインは重要視してくださいね。

 

デザインは誰に頼めばいいの?

「表紙を外注したいけど、知り合いにデザイナーがいなければどうしたらいいの?」という方もいるでしょう。最近では、デザインを外注できるサービスがあります。

 

たとえば、ココナラというWebサイトであれば、さまざまなデザイナーが登録しています。サイト内で『Kindle 表紙』と検索すれば、表紙の作成を受注しているデザイナーに出会えます。だいたいの相場は5000円程度となっています。

 

ココナラは無料で登録できるので、よろしければご利用ください。

ココナラの無料登録はこちらです

 

また、ぼくの表紙を担当したデザイナーに依頼した場合は、こちらからご連絡ください。

ぼくの表紙をデザインしてくれたダーマンさんのTwitterです

 

まとめ

Kindle本の表紙は、読者が初めに注目するポイントです。売れるために重要な要素なので、自分で表紙をつくるのではなく、必ずプロのデザイナーに依頼しましょう!

 

最近では、『ココナラ』などのカンタンに外注できるサービスも増えています。単価も安いので、ぜひとも利用してくださいね。

 

それでは、また!

ABOUT ME
すぎにい
すぎにい
「せっかくの人生ですし、あなたの電子書籍を一冊作ってみませんか?」 僕は、Kindleの『コンピュータ・IT売れ筋ランキング』で1位を獲得した実績を持っています。 Kindle本の出版方法やマネタイズの仕方について、ブログやラジオで教えています。